性の劇薬 Re:life

STORY

赦されたい、なんて言えるわけがない

映画化もされた大ヒットコミックス『性の劇薬』が待望の続編再開!
体だけではなく心も解放された徹底調教の日々から数か月。新しい生活を再スタートさせた2人だが、穏やかに過ごす誠とは裏腹に、龍二は未だ過去のトラウマに囚われていた。誠からの愛を確かめるように激しく体を重ね、容赦ない刺激で追い詰める龍二だったが――
平穏な日常の中に垣間見える一抹の寂しさ。2人の未来とさらなる深い救済を描いた、性から始まる「生」の物語。

  1. 1話

    胸のあたたかさと一抹の不安

  2. 2話

    目隠しプレイで何度も絶頂させられて

  3. 3話

    赦されたい、なんて言えない

  4. 4話

    ずっと言えずにいた言葉

  5. 5話

    気が付いたんだ…執着する感情の正体

  6. 6話

    激しいピストンでついに我慢できず…!

  7. 7話

    誠の隠しごと

  8. 8話

    尿●責めでナカからじっくり苛められて

  9. 9話

    胸を締め付けるほどの愛しさと苦しさ

COMMENT

「性の劇薬~淫らに開発される身体~」から数か月後の未来を描いた今作。
穏やかな生活の中に垣間見える切実なモノローグと、過激でエロチック! だけど愛溢れる「調教」の数々。前作よりも柔らかな世界観を楽しんでいただきつつ、彼らの日常を見守っていただきたいです!

CHARACTORS

01

桂木誠

広告代理店勤務のチームリーダー。龍二に命を救われ、現在は龍二の自宅で一緒に暮らしている。

02

余田龍二

救急外科医。誠に心を許すも、過去のトラウマから未だ抜け出せないでいる。

水田ゆき

Mizuta Yuki

オリジナルBL「渦」で商業デビュー 
 
絵を描く時に環境音(雨の音や川の流れる音)を流していることが多いのですが、先日10年ほど使っていたスピーカーを買い替えたらすごく音が綺麗で驚きました
音が心地よくて聞きながらずっと絵を描いていたい

作家紹介

性の劇薬 Re:life

  • 水田ゆき

試し読み

もっと見る